MENU

春遠からじ・・軽やかに春に向かってワルツを踊りましょう!

2019年1月8日

新年になって1週間。

比較的お天気に恵まれた大阪吹田市でした。

昨日は七草がゆを召し上がりましたか?

そろそろお正月気分から春の準備に気持ちが向かう方も

いらっしゃるかもしれませんね。

これから大寒なのでまだまだ寒い日が続きます。どうぞご自愛ください。

桜が咲くまでは3カ月近くありますが、新年になるとなんとなく、

春がぐっと近づいたような気がします。

窓越しの光のエネルギーを感じますね。

 

blog190108_3.jpg

 

 

今年からブログで定期的に「今日の一曲」をご紹介していきたいと思います。

 

先週はエドワード・エルガーの「愛の挨拶」をご紹介しました。

 

今日はヨハン・シュトラウス2世のワルツです。

 

【今日の一曲 20190108】

Johann Strauss Ⅱ 「Frühlingsstimmen / Walzer op. 410 (1883)」

ヨハン・シュトラウス2世のワルツ「春の声」

https://youtu.be/FcmAim-S5SI

ウィーン・フィルの演奏でお楽しみください。

  

blog190108.jpg

 

「春の声」は、ヨハン・シュトラウス(1825-1899)による1882年の作品。

19世紀、オーストリアのウィーンで活躍した作曲家でヴァイオリニストの

ヨハン・シュトラウスは、生涯500曲を越える作品を発表し、「

ワルツ王」と呼ばれています。

このワルツはハンガリーに滞在中に親友フランツ・リストと演奏パーティで同席し、

即興で作曲したそうです。元々はソプラノ向けの歌曲です。

 

 

58歳の時の作品ですが、ちょうどその頃、新しい恋が実り再婚(再々婚とも)を

控えて幸せいっぱいだったのかもしれません。

希望に向かう晴れやかな思い、幸せな気持ちが感じられます。

待ちに待った春がやってきた喜びが伝わってくるようです。

 

blog190108_6.jpg

 

 

ちなみに、「ヨハン・シュトラウス」とだけ書いた場合は2世を指して、

1世は「ヨハン・シュトラウス1世」または「ヨハン・シュトラウス(父)」と書かれます。

毎年、元日に行われる「ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート」では、

シュトラウス・ファミリーの作品を中心として演奏されています。

 

 

blog190108_5.jpg


冬来たりなば、春遠からじ・・光の春に向かって、スタート!してくださいね!

3拍子のリズムに乗って、軽やかに、踊るように今日一日を楽しんでください!


人気記事

キャンペーン告知.jpg

生徒さんのお声はこちら.jpg

CP1902_8.jpg

サイドメニュー

SNS

bana_facebook.gif

instagram.jpg

bana_ameblo.gif

友だち追加

RockVillage.jpg

 

アクセス

電話番号

090ー6200ー8047

レッスンスタジオ

〒564-0011
大阪府吹田市岸部南1丁目25−7

33番館4階

スタジオロックバード

JR岸辺駅出口南へ徒歩1分

阪急正雀駅西口2出口北へ徒歩約6分


© 2019 大人のピアノ教室 おとわ All rights reserved.